引きこもりの支援には精神科の治療が欠かせません

バナー

引きこもりの支援には精神科の治療が欠かせません

引きこもりの数は現在も増え続けていると言われています。

そして、引きこもりをしている人の年齢の高齢化が進んでいると言われています。



引きこもりを行っている人は、このまままでは良くないと考えている人がほとんどです。

しかし、どうやったら、社会に出ていけるのかということが分かっていないのです。

引きこもりの人は暗い部屋でインターネットをしているというイメージがありますが、そんなことはありません。
ほとんどの引きこもりの人は、全てのものに興味を示さず、ただ部屋で寝ているといったことが多いのです。

彼らは退屈をするということを知りません。

精神科医でこうしたことのスペシャリストである斉藤環氏は、こういった患者が退屈を訴えてきたら、それは、社会に出る大きなチャンスであると言っています。

このように、こうした事態には精神科医がかかわることが多いのですが、当事者の家族も精神科に頼ることが多いです。

All Aboutの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

当事者が、精神科にかかることになれば、大きな前進であると言えます。

当事者は大抵なんらかの精神疾患を抱えていることが多いからです。

例えば、統合失調症であったり、社会不安障害であったりします。

こうした病気への支援は精神科での診察が欠かせません。薬での治療がとても効果的になってくるのです。



精神科意外にも支援を受けられるところがたくさんあります。それは、街の保健所です。


こうした所に相談すれば、専門家を紹介してくれたりします。

また、当事者の家族同士が支援の繋がりを持てる場なども提供してくれたりします。このように、現在は当事者の家族以外の社会的な資源として様々に活用できる施設や病院などがあるのです。

Copyright (C) 2016 引きこもりの支援には精神科の治療が欠かせません All Rights Reserved.