国や自治体の引きこもり相談施設

バナー

国や自治体の引きこもり相談施設

引きこもりとは、学校や仕事に行かず、家族以外の人との交流をほとんどせず、半年以上続けて自宅に引きこもっている状態です。

もともと、若者の問題とされ、不登校問題と同一視されていましたが、近年では、引きこもりの長期化や社会に出た後に引きこもってしまうケースなどによって、30代以上の年齢層にも増加しています。



特に、高齢者の場合、友人の数も減ってしまったり、夫や妻を失ったことがきっかけで、外出が億劫となり引きこもりとなってしまうケースも増えています。また仕事を引退した高齢者は、社会的役割が減ってしまい、自分自身の生きる目標を見出しにくくなるため、家にこもりがちになってしまいます。

このような状況は、高齢者の日常生活を非日常にしてしまい、精神的、社会的な生活機能をも低下させてしまう大きな原因となってしまいます。

バブル崩壊後の長引く不況の中では、リストラなどによって会社を解雇された引きこもりとなってしまう人もいます。

彼らに共通しているのは、働きたいと思っているにもかかわらず、仕事に就けなくなってしまい、徐々に働く意欲もなくなってしまったというパターンです。

BIGLOBEニュース情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

そういった場合、引きこもり地域支援センターなど、国の相談機関もありますから、まずは一度相談してみることをおすすめします。



国や自治体の相談施設では、精神保健福祉士や心理士などの専門職が、相談に応じていますし、本人だけでなく家族と一緒に問題の整理を行うこともできます。

Copyright (C) 2016 国や自治体の引きこもり相談施設 All Rights Reserved.